LogoMark.png

教務ガイダンス

教務ガイダンス

ソーシャルデザイン学科全般に関する事項
新入生編入生2年次3年次4年次


2020年度 共通事項

教務ガイダンス 全学資料(教務課サイト)

https://www.kyusan-u.ac.jp/eas/news/11744/

時間割(教務課サイト)

https://www.kyusan-u.ac.jp/eas/research/fine-arts/social/


新時制

2020年度から 100分 14週になります。


集中講義事前説明会について

COVID-19 対応について

その他

2020年度入学生から、新しい履修制度と、新カリキュラムが適用されます。
1年次生と、2・3・4年次生では、学則が異なるので注意して下さい。




学びの趣旨

情報デザイン専攻

芸術的感性と情報通信技術(ICT)で、「面白い!」をデザインする

地域ブランド企画専攻

地域活性化!デザインでブランドづくり、まちづくり

履修規定

はじめに

ここでは、基本的な事項についてのみ概説します。詳細については、入学時に配布された「学生便覧(入学年度のもの)」に記載されていますので、必要に応じて確認して下さい。

卒業資格

卒業には、以下の授業科目を履修し、かつその単位を取得することが必要です。


教職課程について

単位について

本学は前期・後期の2期制です。それぞれ15週の授業が行われ、試験に合格すると単位が与えられます。科目の種類によって単位数が異なります。

なお、当該科目において出席日数が3分の2以上でないと、試験を受けることができないので、注意してください。

成績評価について

単位認定には、学期末の試験を受けることが必要ですが、芸術学部では授業期間中の課題作品の提出をもって試験に替える科目が多数あります。


GPA制度について

GPA(Grade Point Average)とは、科目の評価と単位数を乗じ、その総和を登録科目単位数で割った平均値で、奨学金の採否判定他、様々な場面で成績評価の指標として用いられる値です。

クラス担任制度について

ソーシャルデザイン学科では、各専攻・学年ごとに担任を配置します。修学相談、学生生活相談の窓口となりますので、随時研究室を訪ねて下さい。


2020年度 教務担当教員について

ソーシャルデザイン学科では、教務担当教員を配置します。履修・単位取得に関する相談の窓口となりますので、随時研究室を訪ねて下さい。

学生便覧

情報システム・サービス

K'sLife

Office365 サービス

本学の学生は Office365 サービスを利用できます。

AppleOnCampus


PAGES

GUIDE


*1 新学科の設置にあたり、書類上上記のような「想定される職業イメージ」を設定していますが、ソーシャルデザイン学科では、具体的な将来の職業イメージを設定していません。理由は簡単です。今ある職業の多くが近い将来消えてなくなるからです。本学科の学生さんには、社会の変化に柔軟に対応して、その時その地域で必要とされる新しい仕事を生み出せる人になって欲しいと願っています。
Last-modified: 2020-03-30 (月) 20:14:51