LogoMark.png

二宮龍之輔/IdeaNote

IdeaNote 
Social Design 2020






memo|2021.09.13

フィンスイミングの普及

小規模でも収益の発生するイベント構築

練習会の開催
what
練習会・体験会
why
フィンスイミングの普及のため
フィンスイミングをしたい人の受け皿を
when
できれば9月中に始める
毎週日曜日 時間帯指定なし
where
九産大スイミング(大学側)
who
自分、竹山さん
whom
体験希望、練習希望の人
how
モノフィンを使って泳げるように指導
楽しんでもらえるように
how many
小規模開催(1〜5名)
ゆくゆくは規模拡大
how much
体験会5000円
練習会2500円
五回以上参加した人2000円

大会のスポンサー獲得
まず企画を考え、大会の趣旨を固めることが必要。
What
フィンスイミング九州大会のスポンサー獲得
Why
フィンスイミングの認知向上
競技を応援してくれる人が欲しい
When
12/12開催予定の大会に向けて
Where

Who
九産大水泳部
フィンメディア
Whom
企業さん、個人、
How
直接交渉
電話交渉
SNSによる情報発信
How many
なるべく多く
How much
資金提供だけではなく、物品提供、サービス提供を含む




ブランディングとは|2021.05.27

急に書いておこうと思った。
「ブランディングとは」と書く前に「ブランドとは」について考えをまとめておかなくてはならない。
「ブランド」最初にこの言葉を聞いて思い浮かべるのはGUCCIやPaul Smithなどのなかなか自分では手の届かないいわゆるハイブランドである。それは一年前も今も変わらない。しかし、一年前はなぜハイブランドが真っ先に思い浮かぶのかわからなかったが、今ではなんとなく理解できている。それは、ハイブランドほどブランディングが確立されているからである。
そういった意味で捉えていけば、自ずとブランドとは何かがわかってきた。
直球で言うと、ブランドとは対象物の概念(image)であり、この世のもの全てが持っている物であると思う。
例えば自分。自分も一種のブランドである。これは授業の度に教授が仰っていたから間違いないはずだ。他には段ボールや猫、マスク、物干し竿、水、森なんかもブランドに含まれている。
しかし、ここまで守備範囲を広げてしまうとブランドというものが何かわからなくなってきてしまうため、ここでは考えないでおく。
有名どころで言えば、Amazonなんかは列記としたブランドである。Amazonという文字の羅列を見て、何を思い浮かべるだろうか。なんでも買える場所。贈り物を探す場所。価格帯を調べる場所。注文したらすぐに届く場所。最近でいえば好きな動画が見れる場所(Amazon Prime Video)という印象を持つ人もいるかもしれない。
だがこれはおかしいことではないだろうか?本来Amazon(アマゾン)と聞いたら熱帯雨林や大きな河などが思い浮かぶのが必然ではないだろうか。
こうして、消費者の第一想起として確立しているものほど、ブランディングがなされているということだと私は思っている。
人間は皆、言葉を全く知らない状態で生まれてくるが、成長するとともに少しづつ様々な言葉を知っていく。言葉を知るときには周りの環境からの情報と聞き取った言葉を照らし合わせて覚えていく。ブランドのイメージというのも同じ仕組みで出来上がっている。少しずつ頭の中に刷り込まれていくことで、記憶し、自然と頭に思い浮かんでくるようになる。
こうしてブランドは確立されていくのだが、より頭に刷り込まれやすく、覚えやすくしていくことがブランディングだと考えている。
タイトルにもしている、「ブランディングとは」についてだが、上記のようなものが現在の自分の考えである。
世の中は意識していないから気づかないだけで数多くのブランディングで溢れている。マクドナルドの看板や、コンビニの建物の形、服屋さんのショーウィンドウ、思い浮かべるだけでも数多くあるが、ここで思い浮かぶものというのはすでにブランディングがされているものである。
最初の方であげたように、自分もブランドの一つなのだ。そして、各々が持つ趣味、好きな音楽、好きな芸能人、好きな動物そういった些細なものが自分というブランドを作り上げている。また、好きな服を着て自分のアイデンティティを確立していれば、それはセルフブランディングだと言えるし、自分のやっていることをSNSに投稿することすらもブランディングにつながっている。
こんな風にして、意外と気づいていないだけで身近なところでブランディングというのは行われているし、行っている。
今まで書いてきたことを前提として考えると、僕らソーシャルデザイン学科に求められているのは、有名なものをさらに有名にしていくことよりも、たくさん魅力を秘めているのに有名になりきれていないものをブランディングすることだと言える。日本には、素敵なものを作っているのに知られていない生産者や、とてもいいことをしているのに気づかれていないイベント・ボランティア、楽しいのにあまり知られていないスポーツなどが沢山ある。
自分は最後のスポーツブランディングに重点を置いて活動していきたいが、もちろん他のブランディングについても積極的に取り組んでいきたい。
こうして文章にしてまとめることで少しは考えの整理ができた気がする。
一年後の自分がどんな考えを持っているのかが気になる。




ソーシャルデザイン概論|2020.05.18

私が考える「情報デザイン」とは

私たちが普段生活する中で受け取る情報には、大きく分けて2種類のものがあると考える。
それは、自然と取り入れている情報と、意識して取り入れている情報である。
自然と取り入れている情報とは何か。例えば、街へ散歩に出たとする。そのときに必ずと言っていいほど目に入るものとして、車や信号機、列車など、今や当たり前に感じているものが数多く挙げられる。
車は曲がるときや停止するときなどに、ライトを点灯させることで周りの人に自分が取ろうとしている行動を視覚的な情報として伝えている。信号機も同じように視覚情報を伝えるし、列車に至っては、踏み切りに音を加えることで聴覚的な情報も加えられている。さらに踏み込んで言うと、列車の走るときのガタンゴトンと言う音さえも、今列車が近くにいると言うことを知るための情報であるように私は感じる。
このように、何かを意識するまでもなく取り入れている情報が、自然と取り入れている情報である。
ではもう一つの、意識して取り入れる情報とはなんだろうか。
私が最近隙間時間によく利用しているアプリに「Smart News」と言うものがある。
このアプリケーションでは、新聞やテレビのニュースで取り上げられるような情報に加えて、少し難しい漢字や、ネイティブな人が使う英会話での言い回しなど、豆知識のような情報も載っている。
これらの情報に共通するのは、「普段意識しなければ取り入れることのない情報」と言う点である。
他にも、先にあげた新聞や、ニュース番組などにも同じことが言えるだろう。
これらの情報(媒体)こそが、意識して取り入れる情報である。

そして、以上で挙げた2種類の情報を適切な形で構築していく事が、今回の主題である「情報デザインとは」の答えであると私は考える。

情報デザインの事例紹介

ソーシャルデザイン概論|2020.05.11

私が考える「ソーシャルデザイン」とは

ソーシャルデザインの事例紹介

ソーシャルデザイン概論|2020.04.27

大学での学び(高校までとの違い)

高校との大きな違いは、自分の関心事について探求できること


アートとデザインの違い

最も違う点は表現の目的




PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-05-27 (木) 19:08:53