LogoMark.png

石坂大翔/卒業研究

耳と手で見る

視覚障害を学ぶツールのデザイン

ti-kawa.jpg




概要

これは何?

実際に触れたり聞いたりして目を使わずに問題を解決してもらうゲームを行う。主に子供達を対象にし、日常でよく見るシュチュエーションやよく手にする道具を使って生活でも役立つ知識がつくゲームをする。

背景と目的

視覚障害を体験できる機会はあるが残念なことに誤った理解をしている人が多いのではないかと考える。実際に今日の小学校や中学校を中心に行われている視覚障害体験はアイマスクを使って児童や学生同士で介助し合う体験がほとんどである。そのため、普段から視覚に頼って生活している人がいきなり視覚を奪われては「怖い、何もできない」という恐怖心を植え付けかねない。街中に行けば白杖をつきながら歩いている人がいるが「目が見えないと怖いはずなのにスムーズに歩いていてすごい」「何か手伝えることはないだろうか」と思う人もいるかもしれない。そのため、これらのような目が見えないということに対する恐怖心と視覚障害者の実際の生活との間に生じる誤った理解をなくすことを目的とする。また、視覚に頼らず聴覚や触覚で情報を得る方法を知り、聴覚や触覚を日常生活で活かす方法を知ってもらうことを目的とする。

コンセプト

目が見えないからこそできることを楽しく学び、知識をつけてもらう。


成果物の仕様

制作ツール

プロジェクトの期間

(前期) 2024.04.26 - 2024.07.19

まとめ




調査

現状調査

【現在の視覚障害体験(小学校&中学校)】

【障害者に関する世論調査】

先行事例

技法・技術情報




プロジェクト管理

スケジュール

ToDo


進捗記録




2024.05.17

作業内容




2024.05.10

作業内容

2024.04.26

作業内容

2024.04.19

作業内容

【テーマ案】
文房具が生み出す心地のいい音と触覚

2024.04.12

作業内容

【テーマ案】


PAGES

GUIDE

添付ファイル: fileti-kawa.jpg [詳細]
Last-modified: 2024-05-17 (金) 17:13:14